日本語 English

特許出願書類半自動生成システム・特許明細書半自動生成システム・特許書類半自動生成システム・特許文書半自動生成システム:PatentGenerator

PatentGeneratorは、権利化を図りたい発明を記載した書類(例えば、特許請求の範囲)から、明細書を含む特許出願書類を半自動的に生成します。

特許出願書類半自動生成システム・特許明細書半自動生成システム・特許書類半自動生成システム・特許文書半自動生成システム:PatentGenerator

PatentGeneratorは、権利化を図りたい発明を記載した書類(例えば、特許請求の範囲)から、明細書を含む特許出願書類を半自動的に生成します。

PatentGenerator
特許出願書類半自動生成システムPatentGeneratorは、明細書設計書から構成要素、構成要素間の階層関係、用語の定義など、特許明細書の生成に必要な情報を抽出し、それらに基づき、明細書を含む特許出願書類を半自動的に生成します。
お問い合せ パンフレット トライアル
PatentGeneratorの仕組み
明細書設計書の内容に応じて、3種類の特許部品DB(製品情報DB、技術分野情報DB、共通情報DB)から必要な文章を取得し、
特許明細書スタイルファイルの内容に従い、特許明細書を生成します。
PatentGeneratorの仕組み
※クリックすると、画像が拡大します。
明細書設計書
明細書設計書とは、権利化したい発明の内容を記載した書類です。主に、特許請求の範囲(請求項)を記載します。
請求項以外には、以下のような情報を記載することができます。
  • 請求項に記載のすべての発明に共通する情報
    • 課題
    • 効果
    • 目的
    • など
  • 各請求項に記載の発明ごとの情報
    • 技術開示を行う実施の形態番号
    • 発明の概要
    • 課題
    • 効果
    • 目的
    • など
  • その他
    • 語句(構成要素、専門用語)の意味・説明文
    • 特記事項、注意事項
    • など
明細書設計書
※クリックすると、画像が拡大します。
明細書設計書のサンプルはこちら≫
明細書設計書のテンプレートはこちら≫
特許部品DB
部品情報とは、特許明細書を構成する情報のうち、再利用性の高い情報のことです。
部品情報は、性質・特性により、ひな形情報、製品情報、技術分野情報、共通情報の4つの情報に分類することができます。
ひな形情報
ひな形情報とは、特許明細書の書式に関する情報です。
この情報が記載された書類を、明細書スタイルファイルと呼んでいます。
ひな形情報は、特許明細書に記載する見出し・説明順序、見出しの前後の定型文、
請求項に記載する情報・部品情報を記載するためのタグから構成されています。
特許明細書スタイルファイルのサンプルはこちら≫
製品情報
製品情報とは、製品の部品に関する情報です。
この情報が登録されるDBを、製品情報DBと呼んでいます。
製品情報は、例えば、発明を構成する構成要素の説明文や、権利範囲を拡大するための説明文、
特許要件を満たすための説明文などです。
製品情報DBのサンプルはこちら≫
技術分野情報
技術分野情報とは、技術分野に関する情報です。
この情報が登録されるDBを、技術分野情報DBと呼んでいます。
技術分野情報は、例えば、技術分野に固有の専門用語の説明文や、権利強化を図るための定型文、
文献としての役割を果たすための定型文などです。
技術分野情報DBのサンプルはこちら≫
共通情報
共通情報とは、特許明細書における定型文です。
この情報が登録されるDBを、共通情報DBと呼んでいます。
共通情報は、例えば、任意の技術分野において共通する文章や、技術分野を問わず共通する文章、
特許明細書における定型文などです。
共通情報DBのサンプルはこちら≫
特許部品DBの自動構築
特許書類(特許公報、特許明細書など)から、各種部品情報を抽出し、特許部品DBを構築するシステム
(特許部品DB構築システム:PatentDatabaseCreator)を、別途ご用意しています。
このシステムを使用することにより、誰でも簡単に、効率良く、特許部品DBを構築することができます。
特許部品DBの自動構築
※クリックすると、画像が拡大します。
文章の生成
明細書設計書からの文章の生成
PatentGeneratorは、明細書設計書に記載されている情報から、特許明細書の文章を生成します。
例えば、明細書設計書に記載されている請求項から、構成要素の説明文と、構成要素の名称を抽出し、文章を生成します。
また、明細書設計書に付されたコメントから、コメントが付された用語と、コメントの内容を抽出し、文章を生成します。
明細書設計書からの文章の生成
※クリックすると、画像が拡大します。
特許部品DBからの文章の生成
PatentGeneratorは、生成した文章中の用語や、ひな形情報に記載されているタグをキーに、各DBから必要な情報を検索し、出力します。
文章中の構成要素名に対応する情報は、製品情報DBから取得します。
また、文章中の専門用語に対応する情報は、技術分野情報DBから取得します。
また、ひな形情報(明細書スタイルファイル)に記載されているタグに対応する情報は、共通情報DBから取得します。
特許部品DBからの文章の生成
※クリックすると、画像が拡大します。
サンプル
出力結果(特許部品DB使用)のサンプルはこちら≫
出力結果(特許部品DB不使用)のサンプルはこちら≫
サンプルの一括ダウンロードはこちら≫
お客様の声
非常に効率よく特許明細書を作成できるソフトウェアです。
特許部品DBを整備することで、部署内のメンバーとの情報共有ができます。
特許明細書の作成効率、品質ともに大幅にアップしました。
総合電機メーカー様
特許明細書の形式が標準化され、チェック・見直しの効率化が図れています。
また、明細書設計書を読めば発明の内容・ポイントがすぐに思い出せるので、中間処理のときに非常に便利です。
特許事務所様
PatentGeneratorの機能
機能名 概要
特許出願書類の生成 明細書設計書から、明細書の一部、特許請求の範囲、要約書を自動生成します。
説明文の補充 指定した文字列(文、語句など)に対する詳細な説明を補充します。
(特許部品DBを使用します)
請求項のリナンバリング 請求項番号を、自動的に修正します。
図面の簡単な説明の生成 明細書内から、図面に関する説明を抽出し、図面の簡単な説明を生成します。
符号の説明の自動生成 明細書内から、構成要素に付与されている符号を抽出し、符号の説明を生成します。
段落番号の挿入・削除 明細書に段落番号を挿入します。また、明細書から段落番号を削除します。
図面の挿入 指定した箇所に図面(画像ファイル)を挿入します。
HTMLファイルの作成 電子出願ソフトで使用するHTMLファイル(出願用、提出用)を作成します。
要約文字数のカウント 要約部の文字数をカウントします。
PatentGeneratorの動作環境
OS ・Windows 8、8.1(32bit、64bit)
・Windows 7(32bit、64bit)
・Windows Vista(32bit、64bit)
アプリケーション ・Office 2013(Word2013、Excel2013)
・Office 2010(Word2010、Excel2010)
・Office 2007(Word2007、Excel2007)
マシンスペック 上記OS、アプリケーションが動作するもの
価格
1PC・年間 \298,000(税抜)〜
※詳細については、お問い合せください。
ご購入
申込書にてお申し込みください。

特許出願書類半自動生成システム・特許明細書半自動生成システム・特許書類半自動生成システム・特許文書半自動生成システム:PatentGenerator

PatentGeneratorは、権利化を図りたい発明を記載した書類(例えば、特許請求の範囲)から、明細書を含む特許出願書類を半自動的に生成します。